糖尿病にかかったらコーヒーを飲んだらいけない!?

コーヒーには多くのカフェインが含まれているので、眠気を覚ます作用や、仕事や勉強に集中したい時には欠かせないという人も多いと思います。

カフェインには疲労回復効果も期待できる事から、疲れた時にコーヒーを飲むとホッとするという人もたくさんいます。更には利尿作用や脂肪燃焼作用など、肥満予防にも効果が期待できる事もあって、この効果は糖尿病予防にも役立つとされていました。


糖尿病にコーヒーは良くない?

コーヒーに含まれるカフェインには様々な健康効果も期待できますが、糖尿病になる前となった後では、カフェインの作用の仕方も変わる事から、糖尿病の人はコーヒーを飲まないほうが良いという意見もあります。なぜ糖尿病になる前は予防効果もあるのに、糖尿病になった後はコーヒーがダメになってしまうのでしょうか?

これにはカフェインが持つ意外な作用が関係しています。カフェインを摂取すると血液を通して細胞に糖分が取り込まれやすくなる事が確認されています。つまり食後のコーヒーはかえって血糖値を高くしてしまう恐れがあるので、糖尿病の人はコーヒーを飲んではいけないと言われるようになったのです。

糖尿病の人はカフェインを摂ったらダメ?

カフェインはコーヒー以外にも、紅茶や緑茶などに含まれています。コーヒーの原料となるカカオ豆を使ったチョコレートやココアもカフェインを含みますので、糖尿病の人は注意が必要です。

しかしカフェインを全く摂取せずにいられるかというと、それが難しい人もいます。こういう場合はカフェインを摂るタイミングを工夫してみましょう。

食後はただでさえ血糖値が上がりやすい状態なので、食後のカフェインは糖尿病患者にとってはNGです。しかし食間や空腹時なら血糖値はそれほど高くないので、こういう時にカフェインを摂取すれば問題ありません。ただし量はセーブしましょう。1度に何杯も飲むような事はせず、1杯をゆっくり味わう程度にしておけば糖尿病の人でもカフェインを摂取出来ます。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ