糖尿病の治療中に食べてはいけないものはある?

糖尿病になる人の多くがやや太り気味である事から、甘いものを食べ過ぎると糖尿病になると思われている傾向があります。確かに糖分の摂り過ぎは太る原因となりますが、糖分も健康維持には必要な成分なので、完全に摂らないというような極端な制限は栄養バランスの面から見てもNGです。


糖尿病の人が食べてはいけない物は?

基本的に食べ過ぎが原因となるので、暴飲暴食は絶対にダメです。糖尿病の人は糖質を制限するよう注意しなければいけませんが、食べてはいけない物というのは基本的にありません。

全体のバランスと栄養を考えた食事を意識していれば、甘い物や揚げ物も少量なら食べられます。そもそも糖尿病になるという事は、明らかに食べる量が多くさらに栄養バランスが偏っていた事が原因ですから、大好物は少し制限する必要があります。

糖尿病の食事制限は食べたい物が食べられなくなり、ストレスばかりたまるというイメージを持つ人も多いのですが、そんな事はありません。量は減りますが大好物も食べていいのです、だし食べる量と順番を工夫してください。

肥満を防ぐ食事の仕方

肉や揚げ物が好きな人は、最初に好物から手が出てしまう傾向があります。糖尿病の食事制限でも肉や揚げ物を食べられますが、最初に口にするのは食物繊維が豊富な野菜にしてください。

海藻やきのこも取り入れ、最初にこういう物から食べ始めると、血糖値の急上昇を抑える事が出来ます。主食はご飯の方が食物繊維が多いので、パンよりもお米をおすすめします。

玄米や雑穀米のように噛みごたえのある主食は、食物繊維も豊富ですしたくさん噛む事で満腹中枢を刺激して、食べ過ぎ防止効果も期待出来ます。食事は可能な限り時間を決め、毎日規則正しく3食しっかり食べるのがベストです。

間食は太る原因になるのでやめておきましょう。どうしても我慢できない場合は、ケーキやスナック菓子ではなく、バナナやみかんなどの果物をおすすめします。適度に運動も取り入れましょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ