糖尿病予備軍を治すために効果的なレシピ

糖尿病予備軍と診断された人は、今の生活習慣と食事を改善しない限り、高い確率で糖尿病になる人です。糖尿病は自覚症状が無く密かに症状が進行していきますので、何らかの症状が出た時にはかなり重篤な合併症を引き起こしている状態となります。

糖尿病が怖いのは合併症が重篤な症状になるからです。糖尿病に限りなく近い状態ではありますが、今からでも改善すれば糖尿病になるリスクは軽減できます。


糖尿病予備軍の人が注意すべき事

糖尿病の人や糖尿病予備軍の人の多くが、しっかり食べているのに圧倒的な運動不足の状態です。食事から摂った栄養やカロリーは基礎代謝でもある程度消費されますが、運動をして消費しないため、消費されるよりも余る分の方が多くなります。

これにより余った栄養は全て体脂肪となりやがて肥満体型になります。肥満体型の人は脾臓にも負担をかけインスリンの分泌が減ってしまいます。

インスリンは血糖値をコントロールするのに欠かせない物ですから、これが狂ってしまうと糖尿病になります。糖尿病予備軍だからといって油断していれば、高い確率で糖尿病になりますので、今からでも改善していきましょう。

糖尿病予備軍におすすめのレシピ

糖尿病の人がそうであるように、インスリンが不足すると血糖値が高くなります。健康な人でも食後には血糖値が高くなりますが、糖尿病の人はインスリンが減っている状態なので血糖値を下げる事ができません。これは糖尿病予備軍の人もそれに近い状態となります。

血糖値の上昇を緩やかにするには野菜を積極的に食べてください。量も多いほうがいいのですが食べ始めも野菜にします。こうすると野菜に含まれる成分が血糖値の上昇を緩やかにし、脂肪の吸収を抑えてくれます。

炭水化物には糖質が多く含まれるので、タンパク質も多めに取り入れてください。朝はグリーンスムージーも手軽ですし、栄養バランスが整っているのでオススメです。ランチにも野菜を多めに取り入れ、夜は少しボリュームを抑えるのが理想的な食事です。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ