糖尿病予備軍の治療では食事療法が一番効果的!?

糖尿病ではないにしても、糖尿病予備軍だと言われた場合は限りなく糖尿病に近い状態という事です。予備軍だからまだ大丈夫と多くの人が油断しがちですが、実際には危険信号だという事を理解すべきでしょう。今のままの生活を続けていれば、間違いなく近い将来糖尿病になってしまいます。

糖尿病予備軍は食事療法だけでいいの?

糖尿病になると食事療法が必要になりますが、これは予防の意味も兼ねて糖尿病予備軍にも必要な事です。糖尿病や糖尿病予備軍の場合は、そうなった原因が生活習慣と食事にあります。糖質の摂り過ぎは一番の原因なので、糖質制限は欠かせません。


食事療法では今まで好んで食べていた物はほとんど食べられなくなるイメージがありますが、実際には量を減らす必要はありますが、少量なら大好物も食べられます。ただし食べる順番や調理方法には工夫が必要です。

食事療法を続けていれば血糖値の上昇は抑えられますが、これだけでは完璧に糖尿病を予防する事はできません。特に糖尿病予備軍の人は限りなく糖尿病に近い状態ですから、食事療法だけでなく食べたカロリーは運動をして消費する事が大切です。

運動の取り入れて糖尿病を予防する

運動なしでは糖尿病予防はできないといっても過言ではありません。食事療法で糖質を減らしても、食事をすれば多少なりともカロリーを摂取しますので、それを消費しなければ脂肪になり肥満を招きます。これを解消するには体を動かし筋肉を使い摂取したカロリーを消費しなければいけません。

これはダイエットにも共通した部分がありますが、食事制限だけで体脂肪を減らす事はできません。糖尿病予備軍の人は太っている傾向があるので、肥満を解消するためにも食事療法と運動は必ず必要になります。

運動といっても無理をする必要はなく、体操やストレッチ、食後の散歩などごく軽いものでも十分です。エスカレーターやエレベーターを使うよりも、階段を使うだけでもいい運動になります。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ