糖尿病に効果的な運動方法

糖尿病を予防、改善するためには運動が何よりも大切ですが、特にⅡ型糖尿病のコア他派血糖値のコントロールにもつながりますし、体重も減ります。また糖尿病だけではなく老化防止や動脈硬化防止にもつながりますので、心身の健康のためにも運動を取り入れましょう。

糖尿病に用いられる運動療法

糖尿病では酸素をしっかりと取り入れる有酸素運動が必要となります。エアロビクスとも呼ばれる運動方法で、酸素を体に取り入れることで血糖、脂肪の燃焼につながっていきます。ここで糖尿病に効果的なのは、ウォーキングジョギング、サイクリング、水泳と言った、リズムを取りやすい運動です。


これらの運動は強さがある程度必要となりますし、キープする必要があります。息切れは多少しても、誰かと話しながらできるくらいの運動量が適度と言えるでしょう。

もし息切れがひどいと酸素がしっかり体の中に取り込めませんから、効果は得られません。会話できる程度の運動を15分以上続け、体の酸素消費量を増やし、血糖値降下、体重減少へとつなげましょう。

糖尿病に適した運動量

糖尿病患者はどのくらいの頻度で運動をすれば良いのかというと、1日最低15分、最大60分程度でかまいません。それだけ聞くと、たとえば家から駅まで歩いて15分かかると言う方はその距離を毎日歩けば良いわけですし、家にいることが多いという方は家の周辺を散歩、ジョギングするのも良いでしょう。

また効果の出やすい時間は食後1~2時間以内ですから、通勤を運動時間に換算する場合は出勤する時間から換算して朝食をとると良いでしょう。

ちなみに食後1~2時間というのは血糖値が最大値になる時間帯であり、早朝、深夜、食事の直後でなければ特に時間は問いません。ただし、インスリン注射をしていたり、血糖値を下げる薬を飲んでいる方は低血糖防止のために、食前に運動しないよう気をつけましょう。

運動を始めると、15分程度でエネルギー消費が血糖から脂肪へと移行します。ですから最低15分は続けるようにしましょう。ではこの運動週に3~5日でかまいませんので継続することが大切です。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ