健康診断で糖尿病予備軍と判断されるHbA1cの数値は?

ある程度の年齢になってくると、会社で行われる健康診断で糖尿に気をつけた方がいいよ、と言われる人が増えてきます。こうした人は既に糖尿病予備軍になっていると考えた方が良いでしょう。

糖尿病予備軍とは、正規の糖尿病ほど数値は高くないけれど、正常な数値と比較すれば高いというグレーゾーンにいる人たちのことですね。この糖尿病予備軍において気をつけておきたい数値がありますので、紹介してみます。


糖尿病における指針の1つとなるHbA1cってなに?

糖尿病を考える時に重要な数値は血糖値だと言われています。しかし、もう1つ注目しておきたい数値があるのです。それがHbA1cという数値になるのですが、これはより正確な血糖状態を示す数値のことです。HbA1cは直近の過去1~2ヶ月程度の血糖状態を示す数値のことであり、正常値がおよそ4.3~5.8%だとされています。

この数値が範囲内であれば血糖値の状態が安定して正常であると考えて良いでしょう。しかし、6.5%を超えてくるとかなり危険な状態だと言えるそうです。この数値を超えてくると糖尿病予備軍の中でも、かなり正規の糖尿病に近いと考えることができます。そのため、健康診断後にかかりつけ医に受診することをお勧めされるはずです。

HbA1cが6.5%を超えた場合、年に2回以上は糖尿病の検診を受けた方が良いとされており、同時に食事療法を進めていくことが推奨されています。健康診断時に言われたのなら、ともかく1度は受診しておいた方が良いでしょう。このくらいの数値ですと、糖尿病としての自覚症状はほぼありません

ですので、受診しなくても大丈夫と判断する人が多いのですが、そのまま放置しているとほぼ間違いなく糖尿病へと移行すると言っても過言ではありません。

HbA1cが高いと判断された時にはどうすれば良いのだろうか?

HbA1cの数値が高い時には、上でも書いたように食事療法を行うのが一般的です。また、それにあわせて適度な運動をしていくことも重要だと考えられていますが、普段から運動する習慣のない人ですと1日に15分程度散歩するだけでも継続することで効果が期待できるそうです。

また、ストレスを解消したり、睡眠不足を解消することも数値の軽減に繋がってきます。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ