糖尿病予備軍と糖尿病の症状の違いは?

現代の日本では糖尿病にかかる人がとても多くなっています。その多くは2型糖尿病と呼ばれるものになるのですが、この予備軍ともいわれる人たちは全国でおよそ700万人以上いるのではと考えられているそうです。

それだけ多くの人が判断される糖尿病予備軍ですが、本当の糖尿病とはどんな症状の違いがあるのかを考えていきましょう。


糖尿病予備軍ではどんな症状が引き起こされてしまうのか?

そもそも糖尿病予備軍とは、正常な血糖値よりも高いけれど、糖尿病と判断されるほどではないというグレーゾーンの人たちを指す言葉です。これは言い換えると、糖尿病未満の人たちであり、めぼしい自覚症状というのは少ないと言って良いでしょう。

これは糖尿病が初期の段階ではほとんど自覚症状がないというのと同じことです。基本的に糖尿病になることの脅威は合併症を引き起こすことで、この合併症を引き起こすのは血糖値の高さだと考えて良いでしょう。

つまり、糖尿病予備軍の場合、そこまで血糖値は高くありませんので、いきなり合併症を引き起こすといったリスクはかなり低いと考えることができます。

また、糖尿病とその予備軍との間で大きく自覚症状が変わることはありません。糖尿病初期に起こる自覚症状としては、全身に疲労感があること、免疫力が手かすることで感染症に罹りやすくなること、喉が良く渇くようになること、などをあげることができます。

これらは糖尿病の初期にはほとんど感じることはなく、症状が出るとしてもゆっくりと少しずつ出てくるので、何かしら異常を感じた時には検査をした方が良いかもしれません。

糖尿病予備軍から脱却するにはどうすれば効果的なの?

勿論のことですが、糖尿病予備軍だからと言って、そのままの生活を続けていれば、いずれは糖尿病へと移行してしまうリスクは高いです。その前にしっかりと血糖値をコントロールするようにしていくことで、合併症を起こすリスクも糖尿病になるリスクも低減することができます。

では、どうすれば良いのかと言うと、基本的には食事療法と運動療法を行っていくようにするだけです。適度な運動をすることで消費カロリーを増やし、食事制限をすることで摂取するカロリーを減らす、また生活習慣を改善して規則正しいものにするのも大事なことだと言えるでしょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ