肥満を改善して糖尿病予備軍も改善しよう!

肥満は健康にも影響を与えますし、様々な病気のリスクを高めます。病気というのは内臓だけではなく、関節や骨にも起こります。

肥満体型の人は体重が重いので、足や腰の関節にも大きなダメージを与え続けています。体が重く動くのが面倒になり余計に動かなくなる、動くと足や腰が痛いのでじっとしている、これでは一向に肥満は解消されませんし糖尿病になるリスクも高まります。


食生活と運動で肥満を解決

たくさん食べるのに運動しない、これは肥満体型の人に共通している事です。また食事はそんなにたくさん食べないけど、間食をする人も肥満になりやすいかもしれません。間食も太る原因となるので、特に糖尿病予備軍の人は今すぐにでも間食を辞めましょう。家にスナック菓子をストックしておくと、つい無意識に食べてしまうので買い置きも辞めます。

なんで太るのかわからないという人もいますが、それは運動不足も関係しています。常に運動をしていて筋肉がある人は、たくさん食べても少しの運動でカロリーを消費できるので太りません。

肥満体型の人は運動不足で筋肉が衰えているので、脂肪を効率よく燃やせないのでどんどん蓄積されてしまいます。食べる量を減らしても、体が脂肪を蓄えやすい状態なのでダイエット効果はありません。肥満体型の人は運動と食事管理でダイエットをしましょう。

肥満の人がダイエットするポイント

まず脂肪を燃やすためには筋肉も必要ですが、重い体でジョギングをしても怪我をするのでいきなり激しい運動は控えます。その場でできるエアロビクスやウォーキングなど20分以上継続してできる有酸素運動がおすすめです。

脂肪を燃やすには代謝も関係していますので、運動して代謝を上げるのもポイントです。痩せるために必要な酵素は食事から取り入れますので、野菜や果物を多めにしてください。酵素ドリンクやスムージーを取り入れるのもおすすめです。ダイエットは無理をせず継続させる事が大切です。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ