糖尿病予備軍の人はお菓子などの間食が多い!?

太るというのは必ず原因があります。中には遺伝子異常などで何もしなくても太ってしまう人もいますが、こういった特殊なケースを除いて大半の人が太る原因を自ら作り出しています。

糖尿病予備軍に多い特徴

食事の内容にもよりますが特に贅沢をしなくても、栄養バランスを考えた食事を3食規則正しく食べていれば健康は維持できます。

食事だけでも十分に栄養を補えているのに、次の食事まで時間がある時には小腹がすくのでつい間食をしてしまう事があります。そんなにたくさん食べるわけではないから大丈夫と思っている人ほど、見た目も太っている傾向があります。


つまり肥満に近づいているので糖尿病予備軍である可能性も高いという事です。間食はスナック菓子や甘いお菓子ケーキやスイーツなど種類もたくさんありますが、それ以外にもしっかり3食食べているので、当然カロリーオーバーの状態となります。

間食をしても運動をして体を動かしカロリーを消費できているならいいのですが、糖尿病予備軍の人は運動不足の状態なので、摂取カロリーが増えるのに消費できないのでどんどん太っていきます。間食は太る原因になりますし、糖尿病予備軍の原因にもなるので注意してください。

糖尿病予備軍にならないために

糖尿病は一度患うと完治できませんので、一生苦しむ事になります。糖尿病だけでも体には大きな負担をかけますが、合併症を起こしやすくなるので最悪命に関わる事もあります。糖尿病予備軍のうちに何とかしておけば、糖尿病になるリスクも軽減できます。まずは間食をきっぱりとやめましょう。

これにはダイエットと運動もかかせませんが、間食をやめるだけでもかなりのダイエット効果が期待できますので、間食は太ると覚えておきましょう。どうしても小腹がすいて我慢できない場合は、トマトやフルーツなどヘルシーな物を少しだけつまむならOKです。口寂しいのならガムを噛む事で、スナック菓子の食べ過ぎも防げます。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ