食生活が充実した反面、糖尿病予備軍の人が急増中!?

日本には和食という素晴らしい文化があります。和食が世界無形文化遺産に登録された事もあって、世界からも注目されるようになっています。日本人としても喜ばしい事ですが今の食生活を振り返った時、日本の食卓には食生活の欧米化という問題があるのも事実です。


食生活の充実と糖尿病予備軍の関係

食生活の欧米化に伴いそれまで日本の食卓にはなかった様々な食材も増えています。もちろん和食にも贅沢な物はありますが、一般家庭で食される和食というのはヘルシーな部分もありながらやや質素というイメージもあります。

素食こそ健康の秘訣という考え方もあるので、食生活の欧米化による充実をプチ贅沢として楽しむ傾向もあります。育ち盛りの子供にとって食生活の充実はとても大切な事ですが、中高年の人は食事の見直しをした方がいい人もたくさんいます。

食生活の充実は見方を変えれば、栄養満点の高カロリーの食事が増えているという事です。実際に食生活の欧米化に伴い、日本でも肥満の人が急増していますし同じくらい糖尿病予備軍も増えています。

食事以外の原因

確かに食生活の欧米化で肥満や糖尿病予備軍も増えていますが、全ての原因が食事とは限りません。

例えば高カロリーの食事を好んで食べる人も、きちんと運動をしていれば食事から摂取したカロリーを消費できるので太る事もなく、肥満や糖尿病予備軍になるリスクも軽減されます。食生活にも問題はありますが、糖尿病予備軍の人の多くは圧倒的な運動不足も原因となります。

中高年に差し掛かると、若い頃と比べて基礎代謝が大幅に低下します。特に大食いをしているわけではないのに、太りやすくなったと感じるのは基礎代謝が低下しているからです。

基礎代謝が下がるとわかっているのですから、運動をして代謝を上げる事で肥満予防にもなりますし、糖尿病予備軍になるリスクも軽減できます。ある程度の年齢になると食事を減らしても痩せるのが難しくなるので、必ず運動も取り入れましょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ