甘いものや油っぽい食事を避けて糖尿病を予防しよう

糖尿病でよく言われていることとして甘いものを避けるという食事の仕方で予防や改善をする方法が挙げられます。食事療法のひとつとしても甘いものを避けるということは実際に行われているもので、大変重要なことです。


甘いものを避けて糖尿病を予防しよう

甘いものとひとくちに言っても、チョコレートやケーキのようなお菓子類だけに注目するのではなく、糖として吸収される炭水化物の米やパン、麺類の摂りすぎにも気をつけなければいけません。

糖尿病を予防することを考えている人は、主食とお菓子の食べ方のコントロールが大切で、お菓子を少し多く食べてしまった時などには、主食を減らすなどの工夫をしましょう。

甘いものをまったく食べないということはストレスになってしまうので、完全に食べないという決まりを作る必要はありません。食べすぎなければ十分に糖尿病の予防をしながら、甘いものを食べることは可能とされています。

油っぽい食事を避けて糖尿病を予防しよう

糖尿病の食事療法では甘いものを避けることは知られていますが、同時に油っぽい食事も避ける必要があるので、食事の内容はしっかりとチェックしましょう。油っぽい食事は高カロリーのものがほとんどで、糖尿病の予防のためにはよくないとされています。

カロリーが高いものを食べてしまうと、食事の量そのものが少なく制限されてしまうことから、あとから空腹になってしまうということもあります。糖尿病の予防を考えている人で普段から外食が多いという場合には、その生活習慣を少し見直すだけでも効果があると言われています。

どうしても外食をするという時には、油っぽい食事ではなく和食を選ぶようにするとカロリーを抑えることができます。自宅で食事をする時には、肉を焼く時にも脂身を外すなど細かな工夫をすると、より効果的に糖尿病の予防ができますが、油っぽい食事に関しても甘いものと同様にまったく食べてはいけないということではありません。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ