糖尿病予防にはカフェインが効果的!?

コーヒーには糖尿病によい効果があると言われることがあり、この情報は一時期話題になっていたのですが、厳密に言うとコーヒーの糖尿病への作用は発症前に有効だということだとされています。つまり、糖尿病の予防にはコーヒーがよい効果を持っていると考えられるということになるのです。

カフェインを含んでいるコーヒーは脂肪の消費をうながすため、肥満の解消ができたり、肥満になりにくくすることが可能だと考えられています。肥満は糖尿病の原因のひとつとされているものなので、肥満を解消させるためにもカフェインを摂取してから適度な運動を行うなどの工夫をすることをおすすめします。


糖尿病の発症前とコーヒーの関係

カフェインを摂取してから運動を行うと、効率よく脂肪を燃焼させることができ、肥満体型の解消や内臓脂肪を落とす効果が高められるとされているのです。糖尿病を発症していない段階で、予防のことを考えている場合にはコーヒーを飲むようにしてみることも、ひとつの方法となります。

糖尿病になってからはコーヒーには注意しよう

予防をすることを考えた場合には、コーヒーのカフェインの作用で脂肪が燃焼されることがあるため、よい効果が期待できると言われています。しかし、ここで気をつけなければならないのが、糖尿病を発症してからのコーヒーとの付き合い方だとされています。

実は糖尿病を発症してからコーヒーを飲みすぎてしまうと、脂肪は燃焼されるのですが、その時に炭水化物の消費が低下してしまうということが起きているため、血糖値のコントロールに悪影響が出てしまうのです。特に食後にコーヒーを飲む習慣があるという場合、食事で上昇した血糖値が下がらないという可能性があるため注意しなければいけません。

このようにコーヒーは糖尿病の発症の前と発症してからによって飲み方に注意をしなければならないことがわかっています。また、砂糖を入れて飲むことはできるだけ控えなければ血糖値を上げてしまうので気をつけてください。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ