毎日の食事で栄養管理をして糖尿病を防ごう!

糖尿病を防ぐためには食事の改善を行って食べすぎが起きないように注意することが大切だと言われています。

食事で糖尿病を防ごう

食べすぎで肥満の状態になると、高血糖の状態が続くようになり、糖尿病を引き起こしやすくなるとされているため、食習慣を見直すことはとても大切です。腹八分目を心がけ、早食いなども控えるように食事方法にも気をつける必要があります。

糖尿病の予防としては、血糖値をコントロールするインスリンがきちんと分泌される状態をキープすることが何よりも重視されます。


肥満体型の人はダイエットをすることも必要ですが、過度な食事制限は逆に体調を壊す原因になってしまい、健康に悪影響を与えてしまうため、運動を取り入れた適切な方法で痩せるように注意しましょう。

毎日の栄養管理がポイントに

食事の栄養管理をすることも糖尿病を防ぐためには大切なことなのですが、何も特別な栄養を摂らなければならないことや、特定の栄養を徹底的に排除しなければならないということではありません。

栄養はまんべんなくいろいろなものを摂るように管理して、過不足がないようにしてください。よく炭水化物を控えた方がよいと言われますが、これも適切な量にするということであって、まったく食べてはいけないということではないので、間違わないようにしておきましょう。

炭水化物をはじめ、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルといった栄養は糖尿病の予防をしていても必要となるものです。栄養管理は、炭水化物が多くなる主食を食べることを考え、副菜や主菜で栄養バランスをコントロールすることを意識しておくと行いやすいと言われています。

食事のトータルのカロリーの範囲内に納まるようにしながら、血糖値を急激に上げないように栄養を組み合わせることが糖尿病の予防をする時の栄養管理の基本です。

血糖値の急上昇を抑えるためには、食事の際、最初に野菜を食べるようにすると効果があるとされているので、食べ方にも気をつけてみましょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ