脂肪を減らした食事に改善して糖尿病を予防しよう!

食事の栄養に気をつけることは糖尿病の予防の基本で、特に脂肪分の摂りすぎに注意することが必要だと言われています。甘いものや炭水化物だけでなく、脂肪分が多い食事を多くしていることも糖尿病を発症する原因となってしまうため、摂りすぎにならないように気をつけておきましょう。


脂肪分が多い食事がなぜ糖尿病に悪いのか?

なぜ脂肪分の多い食事が糖尿病の発症につながってしまうのかというと、脂肪分が体内に蓄積されるエネルギーであることと関係しています。

エネルギーとして蓄積される脂肪分は、インスリンの分泌を低下させる特徴を持っているため、摂りすぎてしまうとインスリンがうまく分泌されなくなり、糖の分解ができなくなって糖尿病を発症してしまうのです。

糖尿病の予防改善のためには、脂肪分を控えた食事をすることがポイントとなるので、日頃の食事の内容を見直すことをおすすめします。

脂肪分を減らした食事をしよう

脂肪分は摂取しすぎなければよいということであり、摂取してはいけないということではありません。食事の管理全体を通して糖尿病には食事に制限がつきものというイメージがありますが、糖分や脂肪分を絶対に食べてはいけないということではないので、適量を摂るようにコントロールしましょう。

糖尿病の予防を考えた場合、脂肪分を摂る時には摂りすぎに十分に配慮しながら、脂肪の吸収を抑える食材と一緒に食べるなどの工夫をしましょう。緑茶に含まれるカテキンや、きのこに含まれるキノコキトサンなどの成分は、脂肪の吸収を抑える働きがあると言われているのでおすすめです。

また、食物繊維を食事の最初に食べておくと、腸内の脂肪やコレステロール、血液中のコレステロールを排出することに役立つとされているので、最初に野菜を食べてみてください。食事の内容だけでなく、食事方法を見直すことでも糖尿病の予防改善ができると考えられているので、毎日の食事の習慣を少しずつ変えていくようにしましょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ