食物繊維を採ってて糖尿病を予防する!

現代人に不足しがちなものとして食物繊維が挙げられるのですが、食物繊維は糖尿病をはじめとする生活習慣病や便秘などの腸のトラブル、肥満などに効果があるという大切なものです。

食物繊維とはどのような働きをするのか

食物繊維には大きくわけると、水溶性食物繊維という水に溶けやすい性質を持っているものと、不溶性食物繊維という溶けにくい性質を持っているものがあります。水溶性食物繊維には、血圧や血糖値の上昇を抑えてコレステロールを下げるといった働きが期待されているほか、便に水分を含ませて便通をよくするという効果があるとされています。


不溶性食物繊維は満腹感が得られやすいことから、ダイエットに役立つと言われているもので、ほかにも便秘の解消や大腸がん、虫垂炎などの予防ができると考えられています。

どちらの種類の食物繊維もバランスよく摂ることで、肥満を予防しながら血糖値のコントロールが可能だとされていることから、糖尿病を防ぐ方法に役立てることができると期待されています。

糖尿病を予防するためには食物繊維がおすすめ

糖尿病を予防したいと考えている場合には、食物繊維を多く摂ることがおすすめだと言われることがありますが、このことには食物繊維が人間の持つ消化酵素で消化吸収できないということが関係しています。

食物繊維が消化吸収されないことから、一緒に食べたもののカロリーの吸収を抑える作用があるのです。肥満を防ぐことができ、糖分の吸収も抑えられることから血糖値の上昇を抑制することも可能なので、糖尿病の予防にはぴったりだと言えるでしょう。

食事をする時には食物繊維を含んでいるものをメニューに加え、最初に食べることによって、そのほかの主食や主菜からの糖分や脂肪分の吸収を穏やかにすることが可能です。ただし、食物繊維が含まれているドリンク剤には糖分が配合されている甘いものが多いので、糖尿病の予防を考えた場合には向いていないと思われます。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ